人材教育、経営品質コンサルティングの(株)総合教育研究所代表 石橋正利のオフィシャルサイトです。

温泉と楽しむ
JUGEMテーマ:旅行



久しぶりに、新潟にある岩室温泉にあるホテル大橋館の湯にどぽーん。
それと、隣接されている奇跡の玉川温泉薬石浴療法と山形東根温泉嵐湯の持つ生命体誕生鉱石十五種類を融合させた「嵐の湯」にも入浴。わずか10分で汗だくだくです。体内に蓄積された有害物質(重金属や老廃物)を排出してくれるようで、スッキリです。
若返りのため、かよっちゃおうかな。
 
| sk-k1 | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
ラジウム量が豊富なラドン温泉
 

新潟の五頭今板温泉の旅館「湯本館」で、ゆったりと
交感神経を休め、副交感神経を活発にする「湯治」はおすすめです。

血液を調べてみたのですが、交感神経の方が、副交感神経より強い
ことが分かりました。
バランスをとる方法として、ぬるめの温泉に入ることにしています。
今板温泉は、ラジウム量が豊富なラドン温泉であり、熱くないので
本当に私好みです。
新潟市内から近いこともあり、また、行こう。
| sk-k1 | 12:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
高千穂峡の不思議
 

天孫降臨(てんそんこうりん)の伝承で有名な高千穂峡へ行ってきました。
写真は高千穂峡と天安河原(あまのやすかわら)です。

中小企業大学校人吉校のコース終了後、
熊本市に移動、翌日、宮城県にある高千穂峡周辺への旅に出かけました。
案内していただいたのは、社会保険労務士の岩根翔さんです。
翔さん、楽しかったですね。ありがとうございました。

高千穂峡(五ヶ瀬渓谷)は、約12万年前と約9万年前の二回の阿蘇火山活動の際、噴出した溶岩流が五ヶ瀬川に沿って帯状に流れ出し、急激に冷却された侵食谷です。
柱状節理のそそりたつ断崖、岩をかむ激流、千古の謎を秘めた深淵、湧く岩清水、四季を通じて雄大にして清々しい景観です。緑が輝いていました。

高千穂神社から、天岩戸神社(あまのいわと)を過ぎ、天安河原(あまのやすかよら)への工程です。
「古事記」に天照皇大神が天岩戸に隠れた話がありましたが、実際にその場所が伝わっているのにはびっくりしました。
残念ながら神域ということで、撮影はできませんでした。

天安河原は、不思議な空間でした。天照皇大神が天岩戸にお隠れになった際に、八百万の神々が相談を行った場所とされていますパワースポットの一つでしょうね。
| sk-k1 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
叔父叔母と雪の温泉
 

父の一周忌が終わってから
母と母方の叔父叔母と私と弟で
父を偲ぶ小旅行・温泉へ行ってまいりました。

雪が深々と降る中での露天ぶろは風情があります。
ライトに照らし出されたボタン雪の粒は心が洗われる
思いがします。表現できない自然美です。

毎年、行こうよとなりました。
父がきっかけをつくってくれたことに感謝する日となりました。
| sk-k1 | 21:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
加賀屋・兼六園の春
  
  

金沢と和倉温泉へ小旅行へ行ってまいりました。
次男が金沢に転勤になりましたので、その激励と、
父の四十九日も終わり、母の慰労も兼ねての温泉を
楽しむ旅です。

かねてから一度宿泊してみたいと思っていました加賀屋
宿泊しましたので、その感想を述べておきます。
加賀屋が有名なのは「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」において
29年連続総合日本一だという点です。
〇楡澆旅覯擇気呂気垢でした。非日常的な空間といってもよいでしょう。
△靴し、何といってもすごいと思わせられたのが、器と料理です。
大型旅館でありながら、器と料理に込められた料理人の意気とプロの味付け
には脱帽です。
さらに、到着から出発まで、お部屋係りのきめ細かい接客サービスは
これまた、さすがでした。
ぬ襪離轡隋爾詫料でしたが、素晴らしいものでした。
OSK日本歌劇団の中心メンバーを基に結成された加賀屋専属の
雪月花歌劇団が演じるラインダンスをはじめ、光源氏の日舞など、間近に見る躍動感に圧倒されました。
もちろん、経営品質の視点からみれば、まだまだ、改善の余地は山ほど見つかりましたが、またお訪ねしたい魅力的なリゾートでした。

翌日、『兼六園』をたずねました。
桜満開の様子をお楽しみください。
園内にある時雨亭での抹茶は美味しかったですね。
その時の写真も載せておきました。

そうそう、今回は懐かしい方と再会いたしました。
中小企業大学校でお会いした講師仲間の蓑先生です。
現在は、内灘町の副町長をされています。
地域を愛され、地域に貢献しておられる姿に頭が下がります。
今回は、ゆっくりお話する時間がありませんでしたが、
次男と会っていただき、ご指導をお願いしてまいりました。
| sk-k1 | 10:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
鹿児島で坂本竜馬に会う
 

鹿児島空港ホテルに泊まったのですが、「近くに温泉がありますよ」
「送迎無料です」と言われて、即行きました。
ご夫婦が一組ご一緒でした。

鹿児島空港ホテルから14分ほどの山間に、「仙寿の湯」と書かれた
その温泉がありました。
300円払って入ったのですが、のんびりと過ごすことができました。
満足! 満足!

その温泉への途中に、坂本竜馬お龍新婚湯治碑と書かれた夫婦の
銅像と出会いました。
私の大好きな坂本竜馬と出会えて、また感激した旅になりました。
| sk-k1 | 17:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
雪の鷹の巣館
 

「日本秘湯を守る会」の会員宿へ宿泊するとスタンプに捺印してもらえます。集めていただいたスタンプが10個にかるとと、スタンプ帳に捺印した中から思い出の宿に1泊無料ご招待されるんですね。

今回は、ご招待で「鷹の巣館」へ行ってきました。
新潟県の北に位置する荒川峡の自然の中の離れ屋です。

新潟市内は、ほとんど雪は積もりませんが、さすがに、荒川峡は雪でしたね。雪のつり橋を通って宿まで行きました。写真を載せておきます。
節分が近いこともあり、「福は内」の文字と可愛い飾りも写真に撮りましたので楽しんでください。

健康で源泉掛け流しの温泉と美味しい料理をいただける幸せを感じる旅となりました。お客様に感謝です。家族に感謝です。大自然に感謝です。命を与えていただいている見えない存在に感謝です。
| sk-k1 | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
雪の温泉
 

日本秘湯を守る会・栃尾又温泉「自在館」へ行って来ました。
自然湧出している源泉の真上にある大浴場「霊泉したの湯」の吹き出し口と雪景色の写真を載せておきます。

父の体調がいまいちなので、ラジウム温泉の自在館は効果があるためです。
2時間くらいゆっくり入る37.2℃のぬる湯です。
入浴している間中、お湯の表面から蒸散しているラドン(ラジウムが気化したもの)が、肺に入りますから、私達の体はそれを排出しようと、肺の働きを活発にしようとし、結果として血行や、リンパ液の流れも良くなるんだそうです。自然治癒力が高まるんでしょうね。

田舎料理なのは承知でお出かけください。
| sk-k1 | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
岩室温泉「ホテル大橋館の湯」
 

今年初めての岩室温泉「ホテル大橋館の湯での泊まりです。お料理と露天プロの写真を載せておきました。

岩盤浴「嵐の湯が併設されているのがお気に入りの両親と子供二人の総勢6名です。残念ながら長男は一足先に東京へ戻りました。
さすが、お正月ですね。料理も数の子が付いたり、おみくじ入りのお年玉が付いたりしたのが楽しめました。
この温泉ホテルは、新潟県経営品質賞知事賞を受賞しているところです。
仲居さんは若い女性が大半なのが特徴です。高校新卒の女性を採用しているんですね。経営品質活動を始めた時に、ベテランの仲居さんたちは、付いてこれなかったようです。
ゆっくりしたいので、ふとんはそのままにしておいて下さい」という札が用意してあるのとチェックイン2時、チェックアウト11時はその成果の一つでしょう。
朝風呂の後、ごろんとできるのは最高です。
| sk-k1 | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
久しぶりの温泉
 

疲れがたまって来ましたので、近場のお気に入りの岩室温泉「富士屋」へ行ってきました。何といっても若女将がいいですね。身軽に先頭に立って、お客様をお迎えする姿勢が癒されます。自然に、他のスタッフにも伝わっているように思います。
新たな仕組みが出来てきたようで、前回泊まった時のお客様の要望がデータベース化されてきたことが、とても、快かったですね。
例えば、
,肉料理を魚料理にしてもらいたい
朝は布団をしいたままにしておいてもらいたい等
こちらから、言わなくてもやってもらえるようになりました。

露天風呂から見える山並みにも癒されて帰ってきました。
幸せだなあ!
| sk-k1 | 14:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
Page: 1/3   >>
総合教育研究所サイトへのリンク

メールマガジン登録

「経営いろは帖」は、毎週1回(月曜日)にお届けするメールマガジンです。
会社経営や組織改革、人材育成などがわかりやすく、頭にスッと入るショートコラムです。

最新の記事

記事のカテゴリー

コメント

トラックバック

  • カセットコンロと粉ミルク送ろうプロジェクトご協力のお願い
    Toriumi@Blog (07/23)

過去の記事(月別)

リンク

サイト内検索

携帯版サイト

qrcode

情報配信:RSS/ATOM

その他

▲ このページの先頭へ戻る