人材教育、経営品質コンサルティングの(株)総合教育研究所代表 石橋正利のオフィシャルサイトです。

Entry: main  << >>
環境ドラッグ−あなたの子供はなぜキレる


以前、何度かお会いしたことがあるお笑い芸人顔負けの
楽しいお話をされる船井俊介さんが1999年に書いた
環境ドラッグ−あなたの子供はなぜキレる」を
久しぶりに本棚で見つけました。

子供たちがイラ立ち、キレやすくなったり、
落ち着きがなく無気力である原因が、
著者はズバリ、環境ホルモンによる汚染、
環境ドラッグだと警告している。
改めて、家族の健康を守る意識が必要だと再認識した。

日々の生活の中で、工夫すべき点を載せておきます。
≪食生活≫
●食品は無添加を−原則に共同購入グループからのまとめ買いがおすすめ。
●無添加の加工食品−こだわり業者から宅配で購入。
●子どもの食事にも注意−多動症、学習不能児(HLD)は食品添加物も一因。
●農産物は無農薬が理想−有機生産者から購入。空き地があれば家庭菜園も。
●脱脂肪の食生活を−環境ホルモンの大半は脂肪に蓄積。
●輸入食品より国産を−ポストハーベスト農薬はほとんど環境ホルモン。
●魚は大型魚より小型魚を−それだけ食物連鎖が少ない。
●ヒラメなど底魚は汚染がひどい−ヘドロに環境ホルモンが残留。
●缶詰食品は避ける−内面コート剤から環境ホルモンが溶出。
●プラスチック食器もダメ−皿、哺乳瓶からビスフェノールA検出。
●スチレン樹脂コップ−スチレンモノマーも環境ホルモンの強い疑い。
●カップめんは厳禁−フタル酸エステルが多摩川の約七〇〇倍溶出!
●缶ジュース・飲料もダメ−ビスフェノールA高濃度溶出。
●水道水は濾過が鉄則−浄水器、汲みおき、木炭などで浄化。
●ミネラル、微量栄養素を−たとえば亜鉛不足も精子欠乏の一因。
| sk-k1 | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

総合教育研究所サイトへのリンク

メールマガジン登録

「経営いろは帖」は、毎週1回(月曜日)にお届けするメールマガジンです。
会社経営や組織改革、人材育成などがわかりやすく、頭にスッと入るショートコラムです。

最新の記事

記事のカテゴリー

コメント

トラックバック

  • カセットコンロと粉ミルク送ろうプロジェクトご協力のお願い
    Toriumi@Blog (07/23)

過去の記事(月別)

リンク

サイト内検索

携帯版サイト

qrcode

情報配信:RSS/ATOM

その他

▲ このページの先頭へ戻る