人材教育、経営品質コンサルティングの(株)総合教育研究所代表 石橋正利のオフィシャルサイトです。

Entry: main  << >>
立ちあがるイラク帰還兵


9年前の9.11のテロが起こった悲劇の日が昨日でした。
9月11日から新潟市万代の「シネ・ウインド」で1週間上映される
立ちあがるイラク帰還兵」の映画を見に行きました。

「立ちあがるイラク帰還兵」。この映画の監督である木村修さんの
トークイベントが映写後ありました。
たまたま、木村さんは新潟高校の75期の同期生だということもあり、
一度、ゆっくり話し合いたいと思わせる人でした。
今日も木村修さんのトークイベントがあります。
ご覧になることをおすすめします。

イラク帰還兵のアーロンとブオノモ
イラク国際労働者会議に出席し、発言した直後、
その場に出席していた労働者の一人モハンメド・ザキが立ちあがり、
二人を抱きしめた場面は涙がながれました。
その時の双方の気持ちを次に載せておきます。
「私はモハンメド・ザキです。バスラの石油化学労組の委員長です。
私はイラクに来てくれた二入を歓迎したいと思います。
二人を抱きしめたいです。それはイラクとアメリカの民衆の間に
存在する兄弟愛と友情の証明となるでしょうから

こうやって抱きしめてすべての入にその事を示したいと思います」

アーロンは後に書いている。
「私は抱きしめられた時に泣き始めた。聴衆は立ち上がり、賞賛した時、
もう一度私は人生は皮肉や怒りではなく、愛と信頼のためにあるのだと
言うこと
を想い起こした。私は後でその男牲が強固な民族主義者である
と教えられた」
| sk-k1 | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

総合教育研究所サイトへのリンク

メールマガジン登録

「経営いろは帖」は、毎週1回(月曜日)にお届けするメールマガジンです。
会社経営や組織改革、人材育成などがわかりやすく、頭にスッと入るショートコラムです。

最新の記事

記事のカテゴリー

コメント

トラックバック

  • カセットコンロと粉ミルク送ろうプロジェクトご協力のお願い
    Toriumi@Blog (07/23)

過去の記事(月別)

リンク

サイト内検索

携帯版サイト

qrcode

情報配信:RSS/ATOM

その他

▲ このページの先頭へ戻る