人材教育、経営品質コンサルティングの(株)総合教育研究所代表 石橋正利のオフィシャルサイトです。

Entry: main  << >>
新入社員の感受性の豊かさに脱帽
研修後のメッセージから見えてくる若い世代の感受性の素晴らしさを
感じてください。

「1日目に『大きい夢を持つ』『将来を明確に想像する』
関連して、自分の夢をチームで発表することがあった。
この時私は一応の夢は持っていたものの、実現できるかも分からない
ような夢だったので、発表することに負い目を感じていた。しかし
思い切って口に出してみると、それまでとは違い夢を叶えている
将来の自分像が目の裏にはっきりと浮かび、心が達成感で満たされていくのを感じた
夢を声に出し、自分に宣言すること、それを叶えた自分を想像すること
はなんて楽しいのだろうと感じ、それをすることの重要性を、身をもって
感じることができた。」

つづきあり
「人との縁の大切さを感じることが出来たことが私にとって嬉しかった
です。マナーを身につけるということは、儀礼を覚えるということでは
なく、人間らしく人に思いやりを持つということなのだと
思いました。
ー分は人としてどう生きて生きたいのか
⊆囲の人はどう生きたいのか
アファメーションの研修などを通じて
 き△鯀蠍澆僕解しあうことがチームワークの土壌になるのだと
感じました」

「研修中にたくさんの言葉を石橋先生から頂いた。その中でも特に印象
に残っているのは
『人間は他の人がいるおかげで人間になれる』
『私達が普段何気なく使っている言葉が未来を決める』
という言葉だ。
これらをメモしているノートにはこれから先、何度も戻ってきて自分の
羅針盤としたいと思う。この研修が終わってから本当に自分の考え方が
変わったと思う。石橋先生や同期、会社との出会いに感謝し、今の気持
ちを忘れぬよう精進していきたいと思う」

「会社という組織の中で仲間の事を理解し、そして自分の事を理解して
もらうという事は非常に重要なことで、円滑な人間関係はチームワーク
としてなさねばならないことです。
自分を必要としてくれる人は皆お客様である』と
思うことにより、上司や同期もお客様とみなす事ができ、お客様の望む
仕事を達成するという考え方ができる、ということも研修で学びました。
また、職場は人間形成の場でもありますので
今後は『明るく元気に素直に』をモットーに、
使命感を持って仕事に取り組めるよう努力いたします」

「とても中身の濃いマナー研修だった。ほんの3日間だけであったが、
心に深く刻み込まれるほどの何かを、私だけではなく、
同期の皆も得ていたと確信している。
3日間のマナー研修の中で特に感じたのは
コミュニケーションの重要性である。
挨拶にしても名刺の渡し方、電話の受け方、報告・連絡・相談にしても、
自分自身と相手を繋ぐ手段であり、対応の仕方ひとつで新しいつながり
を得たり、逆に繋がりを断ち切ってしまったりするものであることが分
かった。その評価が個人レベルに留まらず、会社全体に関わることもあ
り、社会人としての責任を意識することも大切だと感じた」

「まずは挨拶をしっかりとすることを心がけたい。
挨拶はすべての基本であり、周囲の環境に流されることなく
しっかりと挨拶をしていきたい。
また、自己啓発の方法を少しずつでもいいから実践していきたいと思う。
実際に研修中で行ったときも、目に見える効果はあった。
事実、研修の後では皆の雰囲気が違うように思う。
これは、少なからず自己啓発の成果が発現しているからだろうし、意識の
改革、向上に成功しているということだろう。
そして、講義中に学んだ『縁を生かす』ということを
実践したいと思う。
石橋先生は会社のメールアドレスが配布されたらメールくださいねとお
っしゃっていた。そして昨日メールアドレスが使えるようになった。
早速折を見て、メールをしておきたいと思う。この縁がどこかで生きる
だろうか、いや、縁を生かせないのは中才、袖振り合う縁すら生かすの
が大才である。この縁を、絶対に生かしてみせる」

「この研修で得たものはとても多い。挨拶、電話の受け方、名刺交換、
服装など、社会人として必須のスキルから、挨拶や声を出すこと、チーム
ワークなど多くの実践を行った。私は、最初に書いた必須なスキルだけを
学ぶだけの研修を想像していた。しかし時には体を使い、時には仲間たち
と話し合いながら進めていった。
このことはとても印象に残り、そしてまた、
仲間たちとの強い絆、連帯感を生み出してくれた
もちろん、スキルを忘れないことも大切だが、一番学んだことは
この友の大切さだと、私は思う。
石橋先生には非常にためになる、そして私たちの今後の社会人としての
生活までも楽しくさせてくれる
研修をしていただき、とてもうれしく
思います。この出会いがなければ、これからの社会人としての生活に、
おおくの不安を抱えたままの出発になったと思います。これからも、また
教えをこう機会はたくさんあると思うし、個人でも相談ができるような
関係になれたらうれしいです。
石橋先生に、あのとき教えてよかったと思われるような
立派な人物になりたい
と思う」

「電話応対や名刺交換などのビジネスマナーはもちろん、報告・連絡・
相談の仕方などの社会人としての基礎知識は、これからの社会人生活に
必要不可欠なものであった。
それ以上に、将来のヴィジョンを明確にすることや
双方向のコミュニケーションの重要性を学ぶことができ
、新社会人
としてだけでなく一人の人間として、貴重な体験であった。その中でも
特に、私の価値観を大きく変えたものが『人間には多くの良い点があっても、
わずかな悪い点が目立ってしまう
』である。
私はこの教訓に衝撃を受け、常に心にとどめ、人の良いところを見つける努力を欠かさないと決意した
 石橋先生はとても気さくな方で、講義の形式だけでなく、演習も交えて
楽しく研修することが出来た。また、演習を通じて貴重な体験をし、前述
のような素晴らしい教訓を教わり、今までの自分の価値観が大きく変わり、
人間として成長できたと
感じた。

| sk-k1 | 09:08 | comments(1) | trackbacks(0) |
Comment
日々たくさんの人々に気づきと感動を与えるお仕事。
素晴らしいです!
Posted by: 鶴巻改め大江 |at: 2007/04/20 9:16 AM








Trackback

総合教育研究所サイトへのリンク

メールマガジン登録

「経営いろは帖」は、毎週1回(月曜日)にお届けするメールマガジンです。
会社経営や組織改革、人材育成などがわかりやすく、頭にスッと入るショートコラムです。

最新の記事

記事のカテゴリー

コメント

トラックバック

  • カセットコンロと粉ミルク送ろうプロジェクトご協力のお願い
    Toriumi@Blog (07/23)

過去の記事(月別)

リンク

サイト内検索

携帯版サイト

qrcode

情報配信:RSS/ATOM

その他

▲ このページの先頭へ戻る